JIS規格のステンレス試験用篩(ふるい)とステンレス製品加工なら | 東京スクリーン株式会社
品質方針
ISO/IEC17025校正証明書(JIS Z 8801試験用ふるい)
校正依頼調査書はこちら
校正証明書付き試験用ふるい
ilac・MRAのシンボルマーク 東京スクリーン株式会社はISO/IEC 17025の国際規格の要求事項を満たす試験機関として、登録認証機関の認定を取得し、技術的に適正な 試験結果を提供する能力を有する試験機関として公的に認められ、JIS Z 8801-1試験用ふるいに関して、ilac・MRAのシンボルマークの付いた校正証明書を発行することが可能です。 東京スリーン株式会社における、試験用ふるいの校正範囲
当社は、ISO/IEC17025の測定機関認定を受けました。それにともない今まで殆ど同じ形で対応していた目開き及び線径の測定結果の書式を、JIS Z 8801試験用ふるいの枠(φ75・φ150・φ200・φ300)と規格外の枠(φ50・φ100・φ203・φ250)に分ける必要があり(今までは同じでした)、また、お客様に納品した試験用ふるいを再検査する場合も明確に分ける必要があり、下記の形で実行しています。(*どの場合も目開き及び線径はJIS Z 8801規格品)今までは、「JIS Z 8801:2006 4.3.2-C)校正証明書 顧客からの要求がある場合には、製造業者は、検査結果を記載した試験用ふるい校正証明書を発行することができる、、、、」に従い校正証明書等を発行してまいりましたが、この度ISO/IEC17025の認定を受けたことにより、その範囲を明確にし、さらに信頼性のある校正をおこなう体制が整いました。
①校正証明書
・JIS Z 8801規格の検査方法により測定
・校正証明書(ISO/IEC17025認定機関・ilac/MRAシンボルマーク付き)の発行
校正依頼調査書はこちら
②メーカー検査:JIS規格外の枠(φ50・φ100・φ203・φ250)
・JIS Z 8801規格の検査方法により測定
・校正証明書ではなく、目開き検査書の発行
③再検査:既に納入済みの検査書または校正証明書つきの試験用ふるい
・JIS Z 8801規格の検査方法により測定
・目開き再検査書の発行

品質方針

東京スクリーン株式会社
住 所
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町
1-6-16神田渡辺ビル1階
電話番号
03-3256-7457
FAX番号
03-3256-7460
>>アクセスマップはこちら