商品案内
ホーム商品案内 > 超音波振動ふるい分け器

超音波振動ふるい分け器

超音波振動ふるい分け器【TSK-PNS型】
デジタル制御式DGS発信器の高機能を搭載した低価格タイプのTSK-PNSは、超音波周波数30kHz~38kHzの作動周波数帯において自動チューニングを行い、接続される金属の形状・固有振動数に左右されること無く、スイープ500Hz幅(往復速度 50Hz)の基本設定にて連続運転が可能です。JIS Z8801試験用ふるいをバンド交換のみで着脱可能なことはもとより、色々なフレーム形状のふるいで使用可能という幅広い対応力を備えております。ふるい分け効率アップ、目詰まり軽減・防止、洗浄回数の低減、等々ふるい分け現場での作業効率アップを図る事が可能です。
また、防水タイプのコンバーターを備えており(IP67・ATEX22 防爆対応)、アイソレーター内での洗浄時にも対応しています。
 
 特徴

  • 操作モード:作動周波数幅 30~38kHz、チューニング周波数より±250Hz幅でのスイープ発信、スイープ速度 50Hz固定
  • 操作:メインスイッチONにて発振開始
  • 操作盤:エラー・発振1・発振2を3種類のLED点灯又は点滅により表示
  • ふるい径: ø75~ø300(JIS Z 8801)・その他
  • 接続:コンバーター接続は最大2本まで並列可能
  • 安全規格:[発振機]IP65、CE、防塵・防爆構造
 仕様

 【TSK-PNS 発信器】
  • 周波数:30 kHz~38kHz
  • 最大出力:50W 、100W、200W
  • 電源:単相110V±10% 50/60Hz
  • 寸法:280×190×170mm
  • 重量:3kg
 【C35-SD7 コンバーター】
  • 概要:コンバーター内部のPZT素子を4層構造(C35-SD7)にした高出力専用モデル
  • 重量:300g
  • 耐熱:-20℃~+45℃
  • 安全規格:ATEX、IP65防塵
  • 防水タイプ:ボディーIP65(ATEX22 防塵)、コネクターIP67防水仕様(接続時)
 取り付け方法

 ステンレスベルト/クランプ方式
>>超音波振動ふるい分け器の動作状況を動画でご覧いただけます。


超音波振動ふるい分け器【TSK-DGS型】

デジタル制御式DGS発信機は、超音波周波数30kHz~38kHzの作動周波数帯において、接続される金属の形状・固有振動数に左右されること無く、最適な周波数を持って超音波振動を印加することが可能です。専用のPCソフトウェアを用いる事で、周波数幅・スイープ回数等の条件設定を行う事ができます。JIS Z 8801試験用ふるいをバンド交換のみで着脱可能なことはもとより、色々なフレーム形状のふるいで使用可能という幅広い対応力を備えております。ふるい分け効率アップ、目詰まり軽減・防止、洗浄回数の低減、等々ふるい分け現場での作業効率アップを図る事が可能です。
また、防水タイプのコンバーターを備えており(IP65・ATEX防爆対応)、アイソレーター内での洗浄時にも対応しています。
 
 特徴

  • 操作モード:周波数スイープ発信、複合発信
  • ふるい径: ø75~ø300(JIS Z 8801)・その他
  • パワーリミット:100W/200W 発信機の最大出力制御
  • PCソフト:パラメータ設定・周波数解析ソフト
  • インターフェイス:RS232
 仕様

 【TSK-DGS 発信機】
  • 周波数:30 kHz~38kHz
  • 最大出力:100W、200W
  • 電源:単相200V±10% 50/60Hz
  • 寸法:280×190×170mm
  • 重量:3kg
 【D35-SD5(E) コンバーター】
  • 重量:300g
  • 寸法:120mm× ø42
  • 耐熱:-20℃~+45℃
  • 安全規格:ATEX、IP65防塵
  • 防水タイプE:防水コネクター採用、ボディアルマイト処理、強酸・アルカリ性の洗浄剤は非対応
 取り付け方法

各ふるいによりそれぞれ対応
 
 PCソフトウェア

専用の解析ソフトを用いて、周波数幅(30kHz~38kHz)、往復回数(スイープ回数)100Hzまでを1Hz単位で調整が行えます。その他に、最大出力リミット機能、周波数解析機能、複数コンバーター接続時の周波数設定、条件データーの保存管理等の機能があります。



別売りオプション
 振動増減ブースター
網面の振動幅を抑える事が必要な時に使用します
(特に比重の軽い粉などには有効的です)

プライヤー等での取り付け及び取り外し
 
 コンバーター保持台座

  • コンバーターの重量によりふるいの傾きが出てしまう時に有効的です
  • 台座自体にスイッチが付いている為、手元でのON/OFFが可能になります
  • 取り付けは本体に接続するだけ

ページ上部へ